Latest Entries

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

アルバイト採用情報

最近バーベキューばかりやっています。
たまに農作業や山歩きなどもしています。全部仕事です。楽しいのですが、遊んでいるわけではないのです。

こういう仕事に興味のある方、ストレイト・コンサルティングでヘルパーとして働きませんか?

業務内容 : 主に自閉症の方の外出付き添いや自宅内での支援

勤務地 : 京都市内

時給 : 850円~1500円(交通費別)

必要な資格 : ガイドヘルパー、ホームヘルパー、介護福祉士、看護師など

学歴・性別・年齢不問

1日に1~2万歩動ける体力のある方


応募・問い合わせは、メールまたはファックスにて受け付けます。
メール : office.straight@gmail.com / ファックス : 075-366-8806

ご連絡をお待ちしています。



写真は、先日のワイルドバーベキュー。

クマ肉ブロックを薄切りに。
DSC_1432.jpg

クマべキュー。
DSC_1437.jpg

シシべキュー。
bbq.jpg

クマ丼。
DSC_1442.jpg

クマうどん。
DSC_1443.jpg


※クマやイノシシを食べることに抵抗のある方でも楽しく働ける職場です。
スポンサーサイト

本:僕らは語り合った-障害福祉の未来を

9年前の本。恥ずかしながら初めて読む。

いわゆる「赤本」。

かつて、レスパイトサービスの事業所でアルバイトをしていた時代に、レガートのスタッフの方から話を聴いて大きな衝撃を受けたことを思い出したり、支援費制度前夜(自分がこの仕事を本職にする少し前)の業界の雰囲気を想像したり。
障害者福祉業界で働く人におすすめ。


僕らは語り合った 障害福祉の未来を僕らは語り合った 障害福祉の未来を
(2004/03)
北岡 賢剛、曽根 直樹 他

商品詳細を見る

常設バーベキューコンロ

すぐに裸になりたがる男と畑。
エンドウのツルが伸びてきたのでネットを張る。夏には豆がたくさん収穫できるだろう。

72668_320706871385291_2125887673_n.jpg

頻繁にバーベキューをするので、常設のコンロを自作。
なかなか良いものができました。

734489_320703238052321_1784875948_n.jpg



-

自立とは、

依存先を増やすことが自立するということ。
よく言われることだけど、その意味を易しく語る。
こういうの、こどもたちに読んでもらいたい。

おすすめの記事

http://www.tokyo-jinken.or.jp/jyoho/56/jyoho56_interview.htm


-

疲れたとかイヤになったとか、そういうことではなく…

4月から、曜日を決めて休みをとることに。

振り返るにしても先を見つめるにしても、いろんなことから切り離された、そしてある程度まとまった、パーソナルな時間が必要。
深みとか可能性とかを、目先のバタバタにからめとられないようにしなければならない。

短時間で思考を切り替えることができない自分には休日が必要なのだということに、今頃になって気づく。


なんつって。


480622_315521761903802_1812714044_n.jpg


-

かなりぶざけた話

京都市のホームページ
http://www.city.kyoto.lg.jp/hokenfukushi/page/0000135563.html


「児童療育センター」の指定管理者が「老人福祉協会」。
ちょっと笑える。

選定等委員会による評価

職員配置計画では,高齢者施設に従事してきた職員配置を予定しているが,療育ではその児童の発達段階に応じた支援が必要である。
この点を踏まえた職員配置に留意する必要がある。


この点を踏まえた… だって。
レベルが低すぎて、笑えない。


-

宿泊研修、準備中!

昨夜は急きょ、研修の打ち合わせ。
20時に声をかけさせていただいて、21時からミーティング。
皆さん多忙にもかかわらず駆けつけていただき、心から感謝。

6月に2泊3日の新人・若手研修をします。
詳しくは後日。お楽しみに(^^)/

482415_313765342079444_265524910_n.jpg

-

2012年度のステップアップセミナー終了

NPO法人Create主催「ステップアップセミナー」第6回(最終回)、開講!
講師はベテスダの家の浅田さん。

毎回月曜日の夜に集う人たち。いいね(^^)/

本当はこういう場に来ようとしない人たちにこそ今回のセミナーの話を届けたい。
けど残念ながらそれはできない。
だって聞きにこないんだから(T_T;)

385859_313465665442745_1418699059_n.jpg

-

来年度は…

いろいろな武勇伝をお持ちの自閉症の方の行動援護、初回。
先ほど無事に終了。

スケジュールや各活動の詳細を相談しながら決め、納得のうえで(と言いつつ本当のところは分からないが…)落ち着いて過ごされた。
昼食の時刻、帰宅時刻を先に確認し、その間をどのようにして過ごすかリストの中から選んでもらい、今回は写真のようなスケジュールになった。
コンテンツがはっきりしていれば、それらをつなげてスケジュールを組むことに無理は生じにくい。

DSC_1378.jpg


何をするのか分からない時間=手持ち無沙汰になることが極端に苦手な方。
「何もせずに何かを待つこと」とか。

例えば「信号待ち」。
ほんの数分でもその場でじっとしていることが難しい。
つまりそういう時間に対して何らかの配慮や対応が必要となる。

これは、この方と関わる我々に、社会が求めるいくつもの役割のうちのほんの一つだ。

自閉症の方と関わるときには、絶対に踏まえておかねばならない基本事項がいくつもある。
そのポイントは結構多い。しかし幸いなことに、先達のおかげでその一つひとつは明確だ。
書籍やネットやセミナーでいくらでも学ぶことができる。
信頼できる助言者も近くにいる。

問題なのは学び得たことの出力だ。
ここのところを強く意識して新しい年度を迎えたい。
といってもその方法はシンプルだ。
倦まず怠らず、つまり時間と手間を惜しまず基本に忠実に実践を重ねる、そういう感じに。

こんなことを書いておきながら、手を抜いてヘラヘラしたり、疲れてヘロヘロのふりをしている自分を見かけたら、軽蔑ののち、もう何を言っても相手にしないでください。

少し早いですが、来年度もよろしくお願いいたします^^


-

春、遠からじ?

先日、近所の山手でハイキング。
自分の生活圏よりほんの少し北でほんの少し標高が高いだけなのに雪の降り方と量がぜんぜん違う。

がけ崩れを眺め、二股の道に悩み、誰もとおっていない雪の林道を行く。
雪が降ったかと思うとスカッと晴れる。風は吹いたりやんだり。せわしない天気。
京見峠からは市内が一望できた。

帰路、日当たりの良い公園で湯を沸かしてカップ麺をすする。

2万5000歩のミニハイキング。
ガイドヘルプの域を越えているけど、体で季節を感じるこういうのもありだね~

598372_309740915815220_1008843785_n.jpg

164443_309740965815215_885787522_n.jpg

557920_309740945815217_1029899910_n.jpg

163311_309740882481890_789813978_n.jpg

19683_309741119148533_1510448054_n.jpg

156441_309740932481885_319950458_n.jpg

26316_309740862481892_678743911_n.jpg

11305_309740815815230_765712733_n.jpg


いやしかし、携帯電話についているカメラ機能はすごい。


-

Appendix

20120118

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。