Entries

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
http://prestraight.blog137.fc2.com/tb.php/241-a35c336a

トラックバック

コメント

[C85] 面白そう

城陽の地で事業を始めて、この件について考えるところが多くあります。
支援学校終わりに旅館の出迎えみたいに待っている福祉サービス業者や、親の都合で事業所を選びまくる保護者・・・
行政が作ったルールを守っていない現状と、ルールを守る事で「使えない事業所」みたいに利用者から思われる現状。

事業所としては採算を取る事も考えますが、不要なサービスや本人不在のサービスをしてまで儲けようとは思いません。
利用者負担ゼロ(城陽市は全て無料)のサービスは、利用者と事業者のモラルを低下させています。「使わな損」みたいなサービスなら提供したくありません。最近、そんな事も考えます。

愚痴ですが・・・

とか言いながら、4、5月は赤字なんですけどね。

[C86]

そらいろさん、こんにちは。

> 利用者負担ゼロのサービスは、
> 利用者と事業者のモラルを低下させています

そういった見方もできなくはないでしょうけれど、これは問題の核ではありません。
本当の問題は...
長くなるのでまた別の機会に。

早く赤字を脱出できるといいですね~
規模の小さな事業所が生き残る道は二通りしかないと思います。
それは…
長くなるのでこちらもまた別の機会に。
  • 2012-05-19 10:47
  • komata
  • URL
  • 編集

コメントの投稿

コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する

ガチのパネルディスカッションを企画します

NPO法人Createの今年度の研修・セミナー予定は先日お知らせしたとおりです。

-参考記事-
http://prestraight.blog137.fc2.com/blog-entry-233.html

定員に迫る申し込み状況のものもありますので、受講をご希望の方はお早めにお申し込みください。



この他にもエキサイティングな企画を構想中です。
福祉サービスを提供する人・利用する人のモラルをテーマにしたパネルディスカッション。

できるだけたくさん支援してほしいという利用者。
その思いが行き過ぎてしまうと、「それホンマに必要なん?」って場面にまで支援を求めることになっちゃうかも。
(あくまで「かも」)

スタッフの給料を改善するためにできるだけお金を稼ぎたい事業所。
利用者が求めていて行政も認めてるからって、とにかく支援しまくるのって節操ないんちゃう?
(もちろん自戒を込めて)

自治体も国もジリ貧。
福祉サービスの財源はもちろん私たち市民の税金。
福祉サービスを利用する側も提供する側も、一定のモラルをもたなければ。

でもそれは誰かが決めて、一律に「こういう倫理観でやりなさいよ」というわけにはいかない。
さまざまな価値観、それぞれの生い立ち、個別の事情、ばらばらだから。
だからといって野放しではどうしても利己的になってしまう。

ということで、異なる意見を持つ福祉関係者によるガチンコのパネルディスカッションを開催したいと思っています。
パネリスト5,6名に本気の議論をしていただいて、それを聴きながら皆で考えようという企画。

(ぜったいに面白いと思いと思うのは私だけか?)

具体的なことが決まれば、またお知らせします。
どうぞお楽しみに。


-
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
http://prestraight.blog137.fc2.com/tb.php/241-a35c336a

トラックバック

コメント

[C85] 面白そう

城陽の地で事業を始めて、この件について考えるところが多くあります。
支援学校終わりに旅館の出迎えみたいに待っている福祉サービス業者や、親の都合で事業所を選びまくる保護者・・・
行政が作ったルールを守っていない現状と、ルールを守る事で「使えない事業所」みたいに利用者から思われる現状。

事業所としては採算を取る事も考えますが、不要なサービスや本人不在のサービスをしてまで儲けようとは思いません。
利用者負担ゼロ(城陽市は全て無料)のサービスは、利用者と事業者のモラルを低下させています。「使わな損」みたいなサービスなら提供したくありません。最近、そんな事も考えます。

愚痴ですが・・・

とか言いながら、4、5月は赤字なんですけどね。

[C86]

そらいろさん、こんにちは。

> 利用者負担ゼロのサービスは、
> 利用者と事業者のモラルを低下させています

そういった見方もできなくはないでしょうけれど、これは問題の核ではありません。
本当の問題は...
長くなるのでまた別の機会に。

早く赤字を脱出できるといいですね~
規模の小さな事業所が生き残る道は二通りしかないと思います。
それは…
長くなるのでこちらもまた別の機会に。
  • 2012-05-19 10:47
  • komata
  • URL
  • 編集

コメントの投稿

コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する

Appendix

20120118

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。